おすすめの海外FX業者 | 選び方と実際に使ってみたレビュー

初心者向け

海外FX業者を選ぶポイント5選

①スプレッドが低い

当たり前ですが、スプレッドが低い証券会社の方が良いです。もし仮にドル円のスプレッドが1Pipsの証券会社と2Pipsの証券会社があり、月間での取引ロットが10Lot(ロット)あると損益が1万円も違ってきます。なので、できるだけ手数料やスプレッドのかからない証券会社を選ぶと良いです。

また、口座を開設するときに、とりあえずスタンダード口座を開いていませんか?実はプロ口座やECN口座(FX業者を通さずに直接インターバンクに注文)の方がスプレッドが低かったりしますのでしっかり確認してから口座を開設するようにしてください。

②ライセンスを取得している。

①当たり前ですが、ライセンスがなければ信用ができません。信用度的にはイギリスのFCAライセンスが1番高く、次にキプロスのCySECライセンスやニュージランド・オーストラリアのライセンスが信用度的には高いです。そもそもライセンスを持っていないのは論外です。

③取引高がしっかりある

取引高は「FX Broker Volume Ranking」などと検索するとすぐに分かります。取引高が多いということは信頼の証なのでランキングの上位に入っている証券会社であれば使っていても問題ないです。

④サポート体制が整っている

サポート体制に関してはメールやチャットでのレスポンスや、日本語対応しているかどうかなどです。メールや問い合わせをしても連絡がないと不安になるのでその辺りもしっかり対応してくれる証券会社を選びましょう。

⑤世界的に有名

世界的に有名かどうかはサッカーチームのスポンサーをしていたりして既に色々な人に認知されています。なので風評被害には敏感なので、出金拒否などはしてきにくいです。

おすすめ海外FX業者

会社名 ドル円スプレッド 信頼性 レバレッジ 約定 ボーナス 使いやすさ 公式サイト
Exness 0.6~0.7 Pips 無制限 なし 公式サイト
FXGT 0.7-1.0Pips 1000倍 あり 公式サイト
Trade View 1.1~Pips 200倍 なし 公式サイト
Titan 1.2~Pips 500倍 なし 公式サイト

1番見るべきポイントはいかに手数料やスプレッドなどの取引コストを下げて、かつスムーズな約定信頼できる海外FX業者という観点でみています。ボーナスレバレッジに関しては正直あまり気にしていません。

個人的なおすすめの証券会社のランキングを発表していきます。日本人が口座開設できない証券会社は省きます。

第一位 Exness エクスネス


公式サイト

なんと言ってもコストが低いです。プロ口座のドル円のスプレッドは0.6pipsからでGOLDは固定で1.25Pips(小数点下2桁換算)ほどなのでここよりもコストが低い海外FX業者は見たことないです。さらに翌日にポジションを持ち越してもスワップもゼロでかからないのが魅力です。

レバレッジも5000ドルまでは2000倍までで、どれだけ元本が大きくても500倍のレバレッジで取引できます。

MT5の場合は約定しない時がたまにありますが基本的には約定します。MT4に関してはサクサク約定します。

第二位 FXGT

公式サイト

第三位 Titan


公式サイト

タイタンはかなり有名な海外FX業者です。ブレード口座がスプレッドと手数料を含めたコストが1番低いのでおすすめです。

MT5とMT4がありますが、MT5の方の約定が非常に悪いのでMT4をおすすめします。昔はそれほどでもありませんが、近年悪くなっています。何度更新してもチャートが現れなかったり、固まったりするのでかなりストレスです。MT5をどうしても使いたい方は他の証券会社をおすすめします。

サポートに関してはレスポンスが非常に早く、日本語にも対応しておりますので大変満足しています。

過去に2000万円ほど損切りをスプレッドの広がりで喰らいましたが、しっかり全額返金してくれたのでかなり優良な証券会社です。

第四位 Trade View


公式サイト

トレードビューもかなりおすすめです。取引コストはExnessほどではありませんが安い方です。

MT5もMT4も約定に関しては最強です。Exnessよりもサクサクなので、ストレスがないです。

ただ、口座を開設するのに時間がかかったり、サポートの連絡が遅かったりするので使いやすさという面では少しマイナスです。

また、ロットに関してですが、0.1ロットからなので少額からやりたい方には向いていません。ある程度の資金から始める方向けです。

タイトルとURLをコピーしました