酒田五法

テクニカル分析

酒田五法とは

酒田五法は日本の江戸時代に開発された相場分析方法です。山形県酒田市周辺の大地主だった本田宗久という人物によって考案されました。酒田五法はその名の通り「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」という5つのチャートのパターンから構成されています。これらのパターンはより応用的な相場の分析の基本として今でもなお使われているものです。

酒田五法は江戸時代の米相場から生まれた相場分析の手法ですが、人間心理の動きには一定の法則があるはずで、現代の複雑なチャートにも通じる興味深い技術になっています。

三山(さんざん)

三山とは、3回高値の更新に挑戦しても超えることのできなかった高値はもう超えられないだろうという考えに基づいて相場の天井を測る手法です。これには「赤三山」、「三尊天井」、「三段上げ」の3つの解釈があります。

赤三山・黒三川

相場の天井近くにある3本の連続陽線のうち、中央の陽線が両端2本より上離れしているものを「赤三山」と言います。これはトレンド反転のサインとしてよく活用されます。

 

三尊天井・逆三尊

相場の天井近くで山が3つできていて、その中の2番目の山が最も高いものを「三尊天井」と言います。その逆を「逆三尊」と言います。真ん中の山が頭に、両脇の山が肩に見えるので欧米ではヘッドアンドショルダーズトップorボトム」とも言われています。2つある谷の安値を下抜けたところが売りのポイントとされ、下降トレンドに入って行く可能性が高いとされています。

 

三段上げ・三段下げ

三段上げとは一定期間の上げ下げの中で、大きな値上がりを見せて天井または底を打つこと。これもトレンド転換の予兆と見なされます。

三川(さんせん)

三川とは3本の線が川のように並んでいる状態に注目したものです。「三川明けの明星」、「三川宵の明星」のようなローソク足3本による転換パターンを指すという説が代表的なものになっています。しかし、三山の反対の状態を示す逆三尊などもこれに含まれるのではないかというような異説も多くあります。

  • ● 星…大陽線のあとに、それより少し高値で寄引同時線が出現。次に陰線が出れば「三川宵の明星」が完成し、反転下落の予兆に(大陰線→星→大陽線は「明けの明星」で反転上昇の予兆に)
  • ● はらみ線…大陽線のあとに、その大陽線に包み込まれるような小陰線が出現すること。「陽の陰はらみ」といい、天井圏からの暗示(大陰線→小陽線は「陰の陽はらみ」と呼び、大底圏からの反転を暗示)
  • ● つつみ線…「抱き線」とも呼ばれ、小陽線を包み込むように大陰線が出現。相場の天井圏からの下落を強く暗示(小陰線→大陽線は大底圏からの反転を強く暗示)
  • ● かぶせ線…大陽線のあと、小陰線が高値から大陽線にかぶさるように出現。相場の上昇力低下を暗示(大陰線→下値からの小陽線は「切り込み線」といい下降力低下を暗示)
  • ● たくり線…底値圏で出る下ヒゲが非常に長い足は反転上昇を暗示(逆に天井圏で出る下ヒゲの長い足は「首吊り線」と呼ばれ下落を暗示)

三空(さんくう)

線と線の間にできる「」が3つ続いた状態のことを三空といいます。三空は相場が行き過ぎていて終わりが近いことを指すサインになります。

三空踏み上げ

上昇相場の途中で4本連続して陽線が現れ、その間に三空が出現した状態を三空踏み上げといいます。これは買いが殺到した後の上昇相場の天井が近いことを示しています。酒田五法においては「三空踏み上げに売り向かうべし」と言われ、非常に強い売りのサインとされています。

三空叩き込み

三空踏み上げと同様に、長い下落相場の中に三空が出現すると底が近く買い場となる可能性が高いとされています。買いが追証の発生によって投げ売り状態になっていたのが、大底が見えた後は買い残りが少なくなっているために上値に抵抗がなく大きな上昇を引き起こす元となるのです。酒田五法においては「三空叩き込みは買い向かうべし」と言われ、非常に強い買いのサインとされています。

三兵(さんぺい)

三兵とは陽線あるいは陰線が3本並んで同じ方向に階段状になっているものを指します。順張りが多い。

三法(さんぽう)

三法は酒田五法の中でも最も解釈が難しいとされています。現在代表的な解釈は、「売るべし、買うべし、休むべし」の三法であるというものです。相場がさらなるパワーを溜めている時期は休んで待つのがよいという解釈です。

タイトルとURLをコピーしました